月3万円の薄毛治療の内容は?受ける価値はある?

薄毛治療を受けるのは一般人だけではありません。芸能人の中にも治療を受けていると明かす人もいました。そんな暴露情報の中では、月3万円の費用を掛けているという発言にも注目が集まり、薄毛に悩める人の間で話題になったようです。

月に3万円の治療とは一体どのような内容で、これは高い金額なのか、内容を掘り下げてチェックしてみましょう。

薄毛治療が指すものとは?

そもそも薄毛治療とは、どのような状態を治すためのものなのでしょう。一般的にはAGAを改善させるための治療を指し示すことが多いと言えます。AGAは男性の薄毛に関連性が強く、殆どの男性が当該の原因で薄毛になるとされています。

以前は治療を行うことが難しい症状とされていましたが、治療薬や技術が確立されてからは、病院で治せるという触れ込みで薄毛治療が知れ渡ることとなったのです。そして病院での薄毛治療というと、殆どの場合はAGAを治すためのもので、芸能人が月3万円で治療を受けているというのも、AGA治療と判断をするのが妥当でしょう。

どのような治療を行う?

一般的な治療法のひとつに、内服薬を用いたものが挙げられます。フィナステリドと呼ばれる成分が含まれた薬で、AGAの治療薬として代表的な存在に扱われています。簡単に機序を解説すると、AGAの原因になっている、脱毛ホルモンを抑制してくれるのが主な働きです。

このホルモンが増加することで抜け毛が発生しやすくなるところ、フィナステリドが増加を抑制することで、当該脱毛症による抜け毛を食い止めることができます。薬を飲むだけで優れた効果を発揮するため、お手軽に対策ができるのが大きな魅力でしょう。

薄毛治療の場合、この内服薬だけで対策が行われることもあるのですが、月3万円の場合はもうひとつの治療薬の存在があるはずです。内服薬だけでこれだけの費用が掛かることは滅多になく、他の薬とのセット価格と考えることができます。

中でも処方された可能性が高いのは、ミノキシジルを主成分にした外用薬です。育毛剤のように塗って使用する薬で、血管拡張による発毛の促進が機序としてあります。内服薬と外用薬のセットで対策を行うのが、特に効果的とされており、話題になった芸能人もこのふたつの薬を使って対策を行っていることでしょう。

月3万円は妥当?

薄毛に悩む人からすれば、芸能人も行う薄毛治療なら取り組んでみたいという人もいるはず。ただ、月3万円の負担はネックになりやすいところでしょう。この金額は妥当なのか気になるものですが、極端に高い金額ではないと言えます。

内服薬に掛かる費用は7,000~10,000円程度、外用薬に掛かる費用は10,000~15,000円程度が費用相場であり、ここに診察料が3,000~5,000円ほど掛かってくることを考えると、大体3万円の費用が掛かります。

決して芸能人価格ということはないですし、こういった金額で治療を受けている一般人もいるのです。

なぜこんなに掛かる?

特別に高い金額ではないにしても、月3万円のコストは一般人からすると辛いというのが本音ではないでしょうか。決して安いわけではなく、病気の治療ならまだしも、薄毛の治療のためと考えると、捻出を迷ってしまうところ。

こんなにも価格が上がってしまう理由は、健康保険が使えないのが大きいです。健康保険は、生活や人生に関わる病気やケガなどを治す際のサポートとなるものであって、審美性を高めるための目的では適用させることはできないのです。

言ってしまえば、薄毛は見た目だけでの問題で、健康面などには基本的に影響を及ぼしませんよね。そんな理由もあって、治療を受けたいのなら全額自費、というのがルールであり、ゆえに治療費も高めになってしまうのです。

安く治療できる病院も

安くない治療費を支払うことは難しい、そのような人も多いかと思われます。しかしそんな人にとっての朗報もあるのです。それは、安く治療を受けられる病院が増えてきたこと。昨今では薄毛治療を病院で受ける人も増加してきました。

それ伴い、AGA治療を専門に行う病院も出てきましたし、専門でやっているところの中には、月々の負担を抑えたプランを用意しているケースもあるのです。細かい点は各病院によって異なりますので要確認と言えますが、例えば内服薬だけの処方なら、月5,000円も掛からない程度の金額から治療を受けられます。

このくらいの金額ですと、それまで躊躇をしていた人でも選択肢に入れやすいですし、且つ前向きに検討をすることができますよね。

ジェネリック医薬品も魅力

安価に薄毛治療ができる病院の中には、ジェネリック医薬品を積極的に活用しているところも多いです。ジェネリック医薬品の存在は広く知られてきていますので、知っている人も多いかと思われますが、要するにオリジナルを模倣して安く作った薬を指します。

膨大な研究開発費などが掛かっていないことで、安く販売をすることができ、その上でオリジナルと同等の効果を発揮するとされているのです。ジェネリック医薬品の場合は処方をローコストに抑えることができるため、患者さんもリーズブルに治療を受けることが可能ですよ。

薄毛治療は受けた方が良いの?

そもそも薄毛治療を受ける必要があるのかどうか、この点も迷ってしまいがちなところでしょう。我慢をすれば治療費はゼロですし、負担を考える必要もありません。それに、薄毛対策をやるにしても、自分で色々と工夫を講じることもできますよね。

育毛剤なども沢山あり、現にそうした育毛アイテムで済ませてしまう人も少なくありません。薄毛とどのように付き合っていくのかは、個人の判断に左右されますので一様に答えを出すことはできないですが、もしも回復を望むのならば、治療を視野に入れることも考えた方が良いと言えます。

AGAによる脱毛は一筋縄にはいかず、回復が困難な傾向があります。この脱毛症は強力な抜け毛の促進作用を持っていますので、容易に改善ができるものではないのです。薄毛に悩める人は昔から沢山いましたが、どのような対策でも回復ができず、ずっと不治の病のように考えられてきたのは、AGAがそれだけ手強い相手なのが理由。

今でこそ治療薬が開発され効果的に対策をすることもできるものの、それでも100%治せるわけではありません。そうした中、自己対策をやっても上手くいかない可能性は高く、それならば最初から病院に相談をするのが無難と言えるのではないでしょうか。